スペイン ヨーロッパ旅行

スペインを観光する際に気になる治安は?対策も紹介!

マドリード・バラハス国際空港

日本人観光客も沢山訪れるスペイン。世界遺産やグルメなど、観光スポットは沢山ございますが治安は気になる所です。スペイン留学経験のある私が注意点から対策方法まで解説致します。

バルセロナやマドリード等の大都市を観光する際の治安は要注意

サグラダファミリア

 

日本でも人気の観光地スペインですが、残念ながらヨーロッパの中では治安は決してよくありません。

特にバルセロナやマドリードの様な大都市では犯罪の発生率は高いです。スペインは高い失業率や財政不安等が社会問題になっているため、外国人は格好のターゲットになってしまいます。しかし犯罪とは言ってもスリや置き引きなどの軽犯罪が主で、誘拐や殺人が多いわけではございません。

在スペイン日本大使館によると、実際に日本人観光客で被害に遭った方の約80%がスリと置き引きだそうです。2000年台前半は首絞め強盗がスペイン国内で流行りましたが、現在はほとんど報告されていないようでございます。

人混みに注意

カンプノウ
スペイン国内で観光客が狙われる場所ですが、やはりサグラダファミリアですとか、駅やサッカースタジアム等の人が密集する場所が圧倒的に多いです。
どさくさに紛れて、気がついたときには携帯が無くなっていたケースや、気がついたらバックのチャックが開いていた等、盗む側の手際の良さはプロ並みですので注意が必要です。

地下鉄に注意

また地下鉄車内も要注意な場所になります。外国人観光客は目立ちますので、ここでもターゲットにされやすいです。あきらかに挙動がおかしい人や、不審に思った場合は、移動するなり電車を降りるなりしたほうが良いです。

なお窃盗を働くような輩は個人だけではありません。集団でチームを組んで犯行を行うケースもございますので、もし囲まれてるなと思ったら速やかに別の場所に移動しましょう。

荷物から目を離すべからず

レストランやバー等でも油断はできません。日本人はテーブルに財布や携帯を置いたり、トイレに行く際荷物を置いて行く方が多いですがスペインでは厳禁です。ちょっと目を離したすきに取られてしまったというケースは少なくありません。

偽警官に注意

偽警官の被害もまだまだ多いので注意が必要です。警察を装った輩が身元確認してきて金品を盗む手口ですが、本物の警察なら財布を見せろとは絶対に言いません。またこのケースですが、警察なのにスペイン人でなかったり、スペイン語が流暢ではなかったりとツッコミどころがあるケースがほとんどです。そうした輩に出くわした場合は無視が1番です。

スペインを観光する上で有効な対策を紹介

夜の人混みは要注意

ここまではどちらかと言うと、スペインを観光する上でネガティブな内容だったかと思います。では観光の際どう気をつければよいのか?

以下私がスペイン留学時代に学んだ治安対策をまとめましたので参考にして頂ければです。

・サングラスをかける

サングラスをかけると視線がわからなくなるため、多少キョロキョロしてもターゲットになりづらいです。またアジア人とバレづらくなりますのでその点でもおすすめの対策方法です。日差しの強いスペインではかなりの確率でサングラスをかけている方が多いですので浮くことはありません。

・ブランド品を身に着けない

ひと目でブランド物と分かるような服やアクセサリーは身につけないほうが無難です。ただでさえアジア人観光客は狙われやすいのに、高級腕時計にブランドのバッグ等持っていたら確実に目立ちます。

・夜中に出歩かない

スペインでなくても夜は治安が悪くなります。スペイン料理は美味しいし、スペインワインも安くてついつい夜遊びしたい気持ちもわかりますが、スペインは都市部であっても日本ほど明るくありませんので注意が必要です。特に夜中は裏路地等の人通りの少ない場所はあまり行かないほうがよいです。もし夜中に出歩く場合は、複数人数かつ移動は必ずタクシーを使用されることをおすすめ致します。

・リュック前に背負う

ちなみにクラッチバッグやトートバッグの様な背負えないタイプはおすすめ致しません。片手が塞がるうえ、背負うことができないので狙われやすいです。もちろんですが、お尻のポケットに財布や携帯を入れるなんて絶対にいけません。

・キョロキョロしない

これは観光でスペインに行く以上完全に実行するのは難しいですが、極力おどおどせずに堂々としておけば大丈夫です。地下鉄などでおおっぴらにガイドブックを広げたりしていれば、困っているのがバレバレですから狙われやすいです。

・地下鉄やバスで寝ない

日本だと電車で座り、ウトウトしている方は珍しくないと思います。しかしスペイン、というよりも日本以外ではそんな人は居ません。もし寝た場合荷物は無くなってると思ったほうがいいです。この記事を読まれている方はスペインの治安についてアンテナを張られている方と思いますので大丈夫と思いますが、一応注意喚起のため書かせて頂きました。

・自分の荷物から絶対に目を離さない

これは治安以前の問題かもしれませんが、油断したときこそやられてしまうのであえて書かせて頂きました。ホテルのロビーやレストラン等、一息ついたときでも置き引きの可能性がございます。荷物は必ず持ったままにするか、膝の上に置くなどしましょう。携帯をテーブルに置いたままの食事もスペインではご法度です。iPhoneは世界共通で高値で売れるので狙われやすいです。

スペインは実際に治安が悪いのか?

夜の路地は暗いので注意です

では実際にスペインは治安が悪い国なのでしょうか?

都市部に関しては確かに日本や他のヨーロッパ諸国と比べると決して良くはありませんが、特別悪いとは思いません。

実際に観光客を狙った輩が多いことは問題点ではありますが、必要以上に怖がるレベルでは決してないです。

アフリカや南米ではなく、スペインはヨーロッパです。当たり前のことに気をつけ、堂々としていれば犯罪に巻き込まれるようなことはありません。私は実際に長期間スペインに滞在していましたが、危ない目に遭ったことはございません。

また地方都市はバルセロナやマドリードと比べるとかなり治安は安定しています。

しかしもちろん油断は禁物ですが、治安のことばかり考えるよりも、当たり前のことに気をつけながら楽しく観光をして頂いて問題ございません。

まとめ

スペインはヨーロッパでも屈指の観光大国でして、イタリアに次いで世界遺産の数も多い国です。本当に魅力溢れる国だからこそ、治安も気になる所かと思います。

結論当たり前のことに気をつけ、堂々としていればそこまで治安は気になりません。

確かにスペインは観光客狙いのスリや置き引きは多い国ですが、日本に居ても犯罪に合わないわけではありませんので、治安を気にしつつも観光を楽しむことは忘れないでほしいです。

何事も安全第一で素敵なスペイン旅行を!

スペインの観光情報も是非御覧ください。

参考記事スペインを観光する上でおすすめの外せない都市を紹介!

参考記事トレドはスペインの首都マドリードから日帰り観光できます!

参考記事スペインでのサッカー観戦はバルセロナが絶対おすすめ!

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。