ファション ライフスタイル

サングラスの洗い方まとめ!偏光グラスのお手入れ方法も同じ!

お持ちのサングラス・偏光グラスはちゃんとお手入れしてますか?

特に偏光グラスのレンズはメガネやサングラスと比べ、寿命が短いです。

少しでも長く愛用するためにも正しいお手入れ方法をマスターしましょう。

逆に間違った方法でお手入れしてしまいますと、寿命を縮めてしまう場合もありますので注意が必要です。とは言え決して難しくありませんので、正しい方法を覚えましょう。

サングラス・偏光グラスの正しいお手入れ方法や注意点などをまとめましたので、是非参考にされて下さい。

アビエイター

サングラス・偏光グラスの正しいお手入れ方法について

まずはサングラス・偏光グラスの正しいお手入れのポイントと洗う際の手順についてです。

特別な道具や技術は全く必要ないので、是非実践されてほしいです。

参考記事偏光グラスとは?サングラスとの違いと原理についても解説!

POINT

洗う頻度は使用したら毎回

洗い方やレンズの寿命云々の前に、まずはこの意識が一番大切なのではと思います。

偏光グラスはもちろん、メガネやサングラスも使用したら毎回必ず洗いましょう。

汚れや皮脂が付いたまま放置しますと劣化が早まります。

メガネ用のクロスで磨く

レンズを傷つけないように作られた物です。

磨く際は必ずメガネ用の物を使用しましょう。

使用後は水洗いor専用クリーナーで

乾拭きはレンズをキズ付ける可能性がありますので、洗う際は必ず水or専用のクリーナーを使用しましょう。

ちなみに水洗いされる場合、熱湯の利用は厳禁です。

コーティングやフィルムがダメージを受けてしまう可能性がございますので、冷水かぬるま湯で優しく洗いましょう。

洗う手順について

①水で汚れを落とす

②水気を取る

③メガネ専用クリーナーを使用して磨く

④風通しの良く、直射日光の当たらない場所で陰干し

⑤安全なスペースやケースに保管


③については毎回でなくても大丈夫です。

基本的には水洗いで汚れは落ちるので、あくまでスペシャルケアの様なイメージと思って頂ければです。

また④の陰干しについては、半日程で大丈夫です。

どうしてもレンズの縁やネジの内側などの水分は拭ききれないので、陰干しして水分を飛ばしてあげましょう

ちなみになぜ陰干しなのかと、⑤の保管については後ほど記述しております。

レンズの寿命を縮めてしまうNG行為

まず前提と致しまして、偏光グラス・サングラスのレンズには寿命がございます。

特に偏光グラスのレンズの寿命はサングラスのレンズよりも短いと言われています。

汗などの汚れはもちろんのこと、熱や湿気も主な原因でして、現在の技術ですと永久的に使えるレンズというのは残念ながら開発されておりません。

レンズの寿命は日々の手入れや保管方法で前後いたしますので、日々の手入れをしっかり行いながら愛用しましょうと言うわけです。

POINT

やってはいけないサングラス・偏光グラスのお手入れのポイントは以下になります。

クリーナーを吹きかけて放置

クリーナーは汚れを落とす成分が入っているため、放置してしまいますとレンズやフレームに負担がかかり、コーティングが剥がれたり色味が変わったりする原因になります。

人間で言うと、シャンプーして流さずに放置する様な感じです。

水気が残っている状態でケースにしまう(特にレンズの縁やネジの部分)

他の方の記事やブログを批判するわけではございませんが、よく「洗った後はケースに保管したほうが良い」という内容を目にします。

しかし水分が抜けきらない前にケースに入れてしまうと、ケース内で蒸れてサビ等の原因になりますのでご注意下さい。

むしろ通常の保管も、蒸れ防止の為(特に梅雨時期等)ケースには仕舞わずに保管したほうが良いです。

しかし現実問題サングラス・偏光グラスを落としたり踏んでしまったりとリスクがありますので、ケースに入れて管したほうが良いかなと思います。

メガネ専用ではない物で磨く(シャツやティッシュ等)

メガネ拭きは、レンズを傷つけないような仕様になっている専用の物です。

出先でメガネ拭きが無い時など、シャツやティッシュで拭きがちですがNGです。

シャツやティッシュ等はどうしてもメガネ拭きと比べ目が粗かったり、素材が硬かったりするため、キズ等の原因になります。

乾拭き

乾拭きもやってしまいがちですが、これもNGです。

乾拭きに関してはメガネ拭きを使用した場合もNGでして、理由はレンズに付着した汚れに硬い粒子の物があった場合傷つけてしまうためです。

熱湯の使用

熱湯の方が汚れが落ちると思っている方がいらっしゃいますが、絶対にNGです。

確かに汚れは冷水より熱湯の方が落ちるかと思います。

しかし熱湯はレンズに相当な負荷がかかります

レンズのコーティングの剥がれや、変色の原因になりますのでご注意下さい。

またモデルによってはレンズの寿命云々の前に、一発でレンズがダメになってしまうケースもございますので熱湯は避けましょう。

常温の水、もしくはクリーナーでのお手入れで充分汚れは落ちますので大丈夫です。

メガネ拭きを洗濯する際の注意点

メガネ拭きも使えば汚れますので、洗ってあげる必要がございます。

結論水で手洗いしてあげるだけで大丈夫なのですが、洗剤を使用する場合は中性洗剤を使用しましょう。

漂白剤などが入っている洗剤を使用しますと、メガネ拭きが傷んで目が荒くなってしまう可能性があります。

その状態で磨きますと、レンズに負荷がかかり寿命を縮めてしまう可能性がありますのでご注意下さい。

サングラス・偏光グラスの保管方法

最後に保管方法についてです。

これについても特別なにかあるわけでもありませんので、是非実践して頂ければです。

レンズの寿命を縮めないための保管についてのポイントは以下の2点になります。

POINT

磨いた後しばらくは風通しの良く直射日光の当たらない場所で陰干し

レンズの縁や留め具の部分等、水気が残りやすい部分がございます。

先程の内容と被りますが、そういった場所は拭いても水分が取れにくいですので、陰干しして水分を飛ばしてあげましょう。

お手入れ後、水分が残ったまま仕舞ってしまうとサビの原因や、レンズの劣化に繋がります。

またレンズにコーティングされている紫外線吸収剤には元々寿命をがございますので、紫外線に当たり続けるとレンズの寿命を縮めてしまいます。

ですので日の当たらない場所で水気を飛ばしてあげるわけです。

高温多湿と直射日光を避けて保管する(ケースに入れる)

サングラス(特に偏光グラス)のレンズは熱や湿気に弱いので、高温多湿を避けて保管することが寿命を縮めないために重要になります。

ですのでケースに入れるより、お店に並んでいるような形で保管してあげるのが一番なのですが、個人のお家では中々難しいかと思います。

こちらの内容も先程と被ってしまいますが、落下等のリスクがありますのでケースに保管するのが無難です。

お手入れ後は陰干しし、水分が残ってない状態になりましたらケースに保管しましょう。

ちなみに保管とは関係ありませんが、偏光グラスもサングラスもメガネと同様頭に乗せるのはNGです。

フレームに無理な力が加わって、破損や劣化の原因になりますのでご注意下さい。

参考記事レイバンの定番モデルのサングラスを買うべし!

まとめ

サングラス・偏光グラスのお手入れ方法についいてまとめてまいりましたが、参考になりましたか?

偏光グラスもサングラスも高価ですし、調整等も大変かと思います。お気に入りの1本の寿命を出来るだけ伸ばし、末永く愛用するためにも正しいお手入れ方法をマスターすることは大事です。

洗い方や保管方法も、特別難しいことは無いというのはお分かり頂けたかと思います。

しっかり実践して頂いて、お持ちのアイウェアを末永くご愛用下さい。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。