ファション ライフスタイル

ニューバランスM1500は履き心地最高のおすすめモデル

沢山のモデルがございますニューバランスですが、その中でも隠れた名作と言われるM1500について紹介致します。

M1500が発売されたのは1989年になります。

当時の最先端の技術を結集して作られたモデルでして、大変高級感のあるスニーカーです。

現代も色褪せることのないニューバランスの名作M1500の紹介です。

ニューバランスの隠れた名作M1500とは一体どんなモデルなのか

見ての通り、ニューバランスのスニーカーは見たことあるけどこれは初めて見た、と思った方もいらっしゃるかと思います。

ニューバランスの中でもデザイン的にはかなり差別化されたモデルでして、他のモデルに埋もれてしまっているため「隠れた名作」という感じです。

しかしM1500は実際にお洒落なセレクトショップ等に置いている確率は高く、一定数コアなファンが居るのも事実です。

ロゴが小さい

M1500の大きな特徴といたしまして、側面のNのロゴが小さいです。

 

一般的なニューバランスのモデルと比べ主張が控えめですので、幅広い服装に合わせやすいかなと思います。

実際私は3足M1500も持ていますが、様々なシーンで活躍してくれますのでかなり気に入っています。

細身なデザイン

また形が他のニューバランスのモデルと比べ細身のため、かなりスタイリッシュな印象を与えてくれます。

M1500は雰囲気もシンプル過ぎず派手過ぎず、そしてローテク過ぎずハイテク過ぎずと大変バランスの取れたモデルです。

ですのでニューバランスファンはもちろんですが、ロゴも控えめですのでニューバランスを敬遠されていた方にもおすすめできる一品かと思います。

私的には特に、スニーカーは子供っぽくて嫌という方に是非M1500にチャレンジしてほしいです。

なかなか言葉と写真だけでは伝わりづらいですが、割とダンディなお父様が履いても様になる優秀なスニーカーですよ。

もちろん女性の方もM1500は幅広いコーデに合いますので是非チャレンジしてみてほしいです。

ニューバランスは沢山の人が履いているが、M1500はあまり人と被らず最高の履き心地

見ての通り一般的なニューバランスのスニーカーとはデザインが大きく異なるかと思います。

ですので人と被りたくない方にとっては絶対おすすめのスニーカーですので、次にスニーカーを買う際は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

正直ブログで紹介しといてこう言うのもあれですが、巷に溢れているニューバランスにもかかわらず人と被らないのは嬉しいポイントです。

街で見かけることは正直ほとんどありません。

ラルフローレンも絶賛

デザインに関しては好みがあるので誰にでも合うと断言するのは難しいですが、このM1500の履き心地が素晴らしい点は万人におすすめできます。

もちろんM1500以外のモデルも履き心地は素晴らしいです。

ニューバランス自体元々履き着心地やフィット感を追求するブランドですので、履き心地に関しては心配無用ですね。

ポロ・ラルフローレンの創業者のラルフローレン氏が「雲の上を歩いているようだ」と、履き心地を絶賛したのは有名な話です。(ニューバランスのM1300と言うモデルを履いた際のコメント)

硬めで安定感のある履き心地

M1500の履き心地に関しての特徴は割と硬めで安定感のある点です。

ですので長い時間歩いたりする方や、立ち仕事が多い方などは疲れにくいかと思います。

ニューバランスはどちらかと言うと柔らかく包み込まれる様な履き心地の靴がメインですので、M1500は履き心地の面でも他のモデルと差別化できている印象です。

発売当時の最先端技術である一体成型ミッドソールのENCAP・TPUヒールスタビライザーが使用されていまして、クッション性や安定性は抜群で最高の履き心地を提供してくれます。

またソールは舗装された道を歩くのに最適な設計になっており、通常の街歩きでその履き心地を充分味わうことが可能です。

しかもニューバランスのスニーカーのソールはどれもすり減りにくいですので、その点もGOODです。

私は旅行や仕事で海外によく行くのですが、長時間の移動や石畳の道を歩いても疲れにくい印象です。

しかも人と被らないけど悪目立ちもしないですので、国内でももちろん履いてますが、海外に行く際はほぼ必ずM1500を履いて行ってます。

M1500はニューバランスのモデルの中でも高品質なMade in England

ニューバランス イングランド

ニューバランスの生産国は多きく分けて3パターンございます。

高品質なモデルを生産するイングランド製とアメリカ製、安価なモデルのアジア製になります。

M1500はハンドメイドで高品質ですのでイングランド製になります。

ちなみにデザインもよく似たM1500の兄弟のようなモデルで、MH1500とMD1500がございますが、この2つはアジア生産のモデルになります。

例外もございますが、基本的にアメリカ製は最新のテクノロジーを搭載するモデルの製造、イングランド製は過去に発売されたモデルを継承しているモデルや、復刻版のモデルの製造が主になります。

またアメリカ製、イングランド製は職人によるハンドメイドが主流になりますので値は張りますが品質は抜群に良いです。

参考記事ニューバランスのスニーカーでおすすめの番号は?

グレーのモデルM997はアメリカ製になります。

巷で見かけるニューバランスのスニーカーはほとんどがアジア製の物になりますので、M1500も含めイングランド製やアメリカ製の物は被りづらいです。

しかもぱっと見はよく見かけるニューバランスの靴と思えても、近くで見ると高級感がまるで違うのは言うまでもありません。(写真では分かりづらいかと思いますが)

もちろん自己満の世界観とは思いますが、悪目立ちせずに良い物選ぶセンスは素敵なポイントかと思います。

ニューバランス アメリカ

またほとんどのアメリカ製、イングランド製のモデルはベロにmade in USA・made in Englandと入っておりまして、これも私のお気に入りポイントの1つです。

まとめ

M1500はデザインと履き心地のバランスが最高のスニーカーかと思います。

私の中ではバランスという意味ではM1500の右に出るスニーカーには出会えていません。おそらくこれからもお世話になり続けるでしょう。

お洒落も楽しみたいけど履き心地も妥協したくない。M1500はそんな方へチャレンジしてほしいなと思います。

ちなみにこの記事で上げたM1500のモデルは全て私が所有している物になりますが、全て限定販売の物でしたので現在は手に入るか分かりませんのでご理解頂ければです。

もちろんデザインが限定というだけでM1500自体は常にあるモデルですので、お気に入りの1足を見つけてほしいです。

当記事で少しでもM1500の魅力が伝わりましたら幸いでございます。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。