Information 旅行の情報

ケバブ人気の秘密を解剖!世界一好きな料理の魅力を紹介!

ケバブは中東が誇るソウルフードです。

日本でも着実に人気が出てきている料理かと思います。数ある料理の中で、私自身が一番好きな料理がケバブなのですが、なぜそんなに魅力的なのでしょうか?

国内外数えきれない程ケバブ屋を周った私が、魅力に迫りたいと思います。

ケバブは中東のファストフード?

ケバブは現在のトルコが発祥の料理になります。

トルコから徐々に中東の周辺国に広がった歴史のある、言わば中東料理になります。

ここで大事な魅力的なポイントなのですが、例外もありますがケバブは「ファストフード」であるという点です。

ただハンバーガー等のジャンクフード的な料理ではなく、ヘルシーなのに安くて美味いという点は非常に魅力的なポイントになります。

ケバブには様々な種類がありますので一概には言えませんが、肉を焼いて串に刺したり、パンに挟むだけですので、基本注文してから出てくるまで速攻です。

ですので、日本で言うところのラーメンやうどんの様な位置づけの料理になるのかなと思います。

ケバブはとにかく美味しい!

この記事で一番伝えたいことになります。

ケバブはとにかく美味しいですので、まだ食べたことない方はとりあえず食べてみて下さい!

手軽に食べられて、時間もかからない、そして様々な種類の味やスタイルを楽しめます。

肉も日本でおなじみの鳥や牛から、ヤギや羊等多種多様ですし、そこにスパイシーな味付けや新鮮な野菜は相性抜群です。

日本ではあまり馴染みのないピタパン(中東ではポピュラーな薄いパン)も良く合います。やはり日本から遠く離れた中東の料理なだけあって、ケバブは日本の料理では中々出せない味や雰囲気がございます。

とは言え、激辛や強烈な香辛料を使用するといったことはないですので、日本人の口にもよく合う点はGOODです。

ちなみに私自身ラム肉は臭みがどうしても苦手で基本食べられないのですが、一度入ったトルコ料理のレストランでラムのケバブを勧められた経験がございます。

中東料理らしいスパイスやソースでラムの臭みが消え、美味しく頂けたという経験もございます。

ですので食べず嫌いは少しもったいないかなと思いますので、尻込みせずにチャレンジしてほしいです。

栄養満点で安い!

ケバブの魅力はまだまだございます。

味はもちろんなのですが、安い上に栄養満点なところも非常に魅力的です。

値段は屋台ですと500円前後で食べられるので、やはりファストフード並です。ちなみにヨーローッパでも沢山のケバブ屋を周りましたが、どこも大体同じくらいの価格帯でした。

中東の物価の安い国ですと、おそらくもっと安いでしょう。

そして安い上に栄養満点となると、言うことなしだと思いませんか?

通常ファストフードは安くて早い代わりに、栄養が偏っていたり、高カロリーだったりするかと思います。

しかしケバブは肉も野菜もバランスよく入っていますし、肉も余分な脂肪が落とされていますのでヘルシーです。安くて栄養バランスも良いので、外食の価格が高いヨーローッパではいつも助けられております。

ケバブは私が知る限り、コストパフォ−マンスは世界最強の料理です。

もちろんどんな料理でも「グルメを楽しむ=お金」というわけではないですが、安いに越したことはないでしょう。

ですので食べ盛りの学生から、体型を気にされている方まで幅広い層の方におすすめ出来るかと思います。

もちろん美味しいからと言って食べ過ぎたら太りますのでご注意を。

日本でも徐々に広まってきている

まだまだ食べたことのない方も多いケバブかもしれませんが、日本国内でも徐々に店舗数が増えてきております。

東京や大阪を中心に見かける回数が増えて参りましたが、地方都市でも決して珍しい存在ではなくなりました。

レストランだろうと屋台だろうと、異国情緒満載の雰囲気は、日本食や定番のイタリアンやフレンチのお店では中々味わうことのできない面白さがあります。

日本では中東の料理ということでまだまだ希少かもしれませんが、私は日本でも定番化する日は近いと確信しております。

まだ食べたことのない方は是非一度味わって頂ければと思っております。

きっとケバブを好きになりますよ!

参考記事ケバブとはどんな料理?国や歴史背景等も紐解きます!

まとめ

ケバブは私自身が一番好きな料理です。

少しでも魅力が伝わればと思い記事に致しましたが、いかがでしたか?

一度でも食べたことある方は人気がある理由もわかるのではないかと思います。

安い、早い、栄養満点、ヘルシーと、中々な優秀な料理ですので、是非今後注目していただきたい料理でございます。

店のスタイルや、国によっても違いがございますので、食べ比べてみても面白いです。

そしてご自身のお気に入りのお店やスタイルが見つかりましたら幸いです。

グルメな方も、そうでない方も、お気に入りの料理にケバブを入れてみてはいかがでしょうか?

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。