Information 旅行の情報

iPhoneカメラが一眼レフに?取り付けるだけと簡単コンパクト!

iPhoneをはじめ、スマホのカメラの進化は凄まじいですよね。

画質がキレイなのは当たり前で、撮った写真を加工したり、SNSにアップしたりも簡単に行える凄い時代です。

しかしながら、一眼レフやでデジカメ等の専門のカメラには負けてしまうのは致し方ないところ。

この度紹介するアイテムはiPhoneやスマホに取り付けるだけで、劇的にカメラの性能をアップさせることができるすぐれ物になります。

知ってそうで皆知らない便利アイテムです!

※私自身がiPhoneユーザーですのでiPhoneを使う体で記述しておりますが、機種にもよりますがその他のスマホでも使用可能でございます。

iPhoneのカメラが一眼レフになる?

結論から申し上げますと、今回紹介させて頂くアイテムはiPhoneのカメラの機能を劇的にアップさせることはできますが、一眼レフと全く同じクオリティまではいきません。

どうしても一眼レフ並のクオリティを求めている方は、申し訳ございませんがこの記事は対象外になってしまいます。

何十万もするカメラと同じ土俵で話をしてしまったらiPhoneが可哀そうかもしれません。しかしiPhoneのカメラの性能は素晴らしいものになりますが、やはり限界があるのも事実かと思います。

そこで私のお気に入りのアイテム「ビットプレイ」を紹介致します。

ちなみに何もビットプレイでないとダメというわけではなく、取り付けるだけでカメラの性能をアップさせることが出来るアイテムなら大丈夫です。

私が出会ったアイテムが、たまたまビットプレイだっただけでございます。

では具体的にどんな風にカメラの性能が上がるのか?

ポイントは以下2点になります。

・iPhoneカメラの元々の機能以上の望遠、広角

・iPhoneカメラの元々の画質を損なわない

iPhoneカメラの元々の機能以上の望遠、広角

写真を撮る際にiPhoneのカメラ画面で望遠したり、撮った写真を望遠したりすると、画質が悪くなるかと思いますし、限界があるかと思います。

しかしビットプレイのカメラを取り付けると、カメラアプリ自体に望遠機能が付いているため、iPhoneの機能を損なわずに望遠することが可能なのです。

また反対に、被写体が大きすぎて画面に収まらないなんてケースがあった場合も対応できます。

広角レンズがありますので、よりワイドに撮影が可能になるのです。

このような機能を数万円もする一眼レフを別途買わずとも、取り付けるだけで享受出来る便利アイテムでございます。

iPhoneカメラの元々の画質を損なわない

ビットプレイはあくまでiPhoneのカメラアプリ(もちろんお好みのアプリを使用してもOK)を使用しますので、元々持つカメラの性能に干渉しません。

ですので画質を落とさずに望遠、広角での撮影が可能になるのは大きなメリットになります。

ちなみに値段はレンズによって異なりますが、3000円~13000円程になります。

セットですとお得になるようですが、時期によっても異なるようです。

iPhoneに取り付けるだけで簡単に使える

 

ここまでは主にメリットについて述べて参りました。

それでは気になる使用方法はどうでしょう?

カメラとなると、専門の知識や技術が必要なんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしタイトルにもありますように、レンズをiPhoneに取り付けるだけですので超簡単で手軽でございます。

取り付けた後は通常の撮影と同じ要領で撮影して頂いて大丈夫ですので、特に説明する必要もないほど簡単でございます。

iPhoneで写真を撮りまくる人にはおすすめです

ポケットに入るほどコンパクトに持ち運べ、なおかつデジカメや一眼レフと比べリーズナブルなため、ずばりiPhoneで写真を撮りまくる人には自信を持っておすすめできます。

私自身ビットプレイを利用し、撮影の幅を特にこれと言った裏技なんか使わずに広げることができました。

特にサッカー以外にも、以下に該当する方へ強くおすすめ致します。

・サッカー含むスポーツ観戦をする方

・旅行が好きな方

・風景の写真を撮る方

野球やサッカーを観に行くと、選手やスタジアムの写真を撮られる方が多いかと思います。

しかしどうしても客席からフィールドは遠いですのでiPhone単体だと上手く撮れません。

しかも一眼レフの様な大きなカメラや、沢山の荷物を持っていくのもしんどいかと思いますので、iPhoneに取り付けるだけと手軽なビットプレイが威力を発揮します。

また旅行も同様で、荷物を最小限に抑えることが求められるかと思います。

 

 

特に海外ですと、高価でサイズもある一眼レフ等は持って行きづらいことかと思いますので、コンパクトに纏められる点はGOODです。

これは私の経験から思ったことですので、まだまだ有効な使い方はあるかと思いますので参考までに。

iPhoneにビットプレイを取り付けて撮った写真を紹介

では私が今までビットプレイを取り付けて撮った写真を一部紹介致します。

写真は全てiPhone7もしくは8、かつデフォルトで入っているカメラアプリで撮ったものになります。

サッカー観戦はもちろん、観光の際も活躍してくれました。

まとめ

iPhone、言わば携帯電話でも一昔前と比べると比較にならないほどクオリティの高い写真が手軽に撮れるようになりました。

一眼レフやデジカメに大金を払わずとも、ほとんどの方が満足行くカメラの性能を誇っているかと思います。しかしビットプレイのようなレンズを取り付けるだけで、劇的に撮影の幅を手軽に広げることが出来るのは非常に魅力的に感じました。

実際に利用してみて、手放せない程お気に入りのアイテムとなっている今日です。私の周りには、意外にも知らない方が多かったですのでシェアさせて頂きました。当記事が参考になりましたら幸いです。

サッカーのシーンはもちろん、その他様々な場面でiPhoneが手軽にカメラになってくれます。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。