ロンドン

クリスタル・パレスのスタジアムはロンドンサッカーの生き字引

ロンドンに本拠地を置くクリスタル・パレスというクラブをご存知ですか?

クリスタル・パレスは1905年創設で、ホームスタジアムは100年近くの歴史を誇るクラブです。

日本では少しマイナーなクリスタル・パレスかもしれませんが、ロンドンでは有名なクラブの一つになります。

ロンドンのサッカーの生き字引のようなクリスタル・パレスのホームスタジアム「セルハースト・パーク」の紹介です。

スタジアムデータ

セルハースト・パーク

現地語表記…Selhurst Park

場所…イングランド、ロンドン

使用チーム…クリスタル・パレスFC・ウィンブルドンFC(1991-2003)・チャールトン・アスレティックFC(1985-1991)

起工…1922年・開場…1924年

ピッチ…天然芝・陸上トラック…無し

スタジアムツアー…無し

収容人数…26255人

注目の対戦カード…対ブライトン

参考記事ウィンブルドンFCはロンドンに残り続ける?

観やすさ・・・★★★★☆

イングランドらしくピッチと客席の距離感は最高ですが、一部屋根を支える柱が被る座席がございます。


雰囲気・・・★★★★★

最高以外の言葉は見つかりません。


アクセス・・・★★★★☆

ロンドンの中心から鉄道でアクセス可能です。


治安・・・★★★★☆

ロンドンは概ね治安は良好ですが、スリには要注意です。


観光・・・★★★★★

ロンドンは世界屈指のメガシティです。観光に事欠くことはございません。

クリスタル・パレスのスタジアムは100年もの歴史を誇る

1924年会場の非常に長い歴史を誇るホームスタジアム「セルハースト・パーク」が、クリスタル・パレスの本拠地になります。

イングランドの伝統的なボックス型のスタンドに、ピッチの目の前までせり出す客席にスタンドを覆う屋根。そして100年以上の歴史が出す味が魅力の、ロンドンでも屈指の老舗サッカースタジアムです。

収容人数は26000人程と決して多くはないですが、メガスタジアムには無い独特の雰囲気が画面越しにも伝わります。

老朽化も叫ばれている今日ですが、これからも末永く活躍してくれるスタジアムであってほしいなと思います。

ロンドンサッカーの生き字引

先程も触れましたが、セルハースト・パークは100年近くの歴史を誇ります。

クリスタル・パレスとともに、長きに渡りサッカー発祥の地ロンドンのサッカーを見守って参りました。

沢山の名選手がここセルハースト・パークでプレーして参りましたので、どんなサッカーファンよりもサッカーを知っているのがこのスタジアムではないでしょうか。

まさにロンドンのサッカーの生き字引の様なスタジアムです。

とは言えロンドンには築100年近くのスタジアムが沢山ございます。

 

そう思うと、サッカーの母国の歴史の深さがスタジアムにも現れているのだなと感じます。

ちなみにスタジアムの内外壁のレンガは、スタジアム建設前に同場所にあったレンガ工場の名残だそうです。

サッカーの垣根を越えたエピソード

またクリスタル・パレスは2019年冬に、気温が氷点下になった日に地元のホームレスの人々にスタジアムを開放し、寝床や夕食を提供したという温かいエピソードもございます。

地域密着を掲げるクリスタル・パレスらしいお話です。

サッカーの垣根を越えた、素晴らしい社会貢献ですね。

チケット・スタジアムツアーについて

クリスタル・パレスの試合のチケットは、ビッグマッチ以外ですと空席がある試合も多いです。

しかしスタジアムの収容人数があまり多くないですので、もし観戦を希望されるなら早めに動いたほうが良いでしょう。

前売り券をお求めの方は、クリスタル・パレスのオフィシャルサイトからの購入になります。

もしご面倒な場合は、チケット代行サイトから購入できますが、定価より高額にになるのがネックです。また当日券をお求めの場合は試合当日にスタジアムまで行けば購入可能です。

スタジアムツアーについてですが、セルハースト・パークは現在スタジアムツアーは行っておりません。

スタジアムまでの行き方

セルハースト・パークへはロンドン中心部から鉄道かバスになります。

鉄道

スタジアムの最寄り駅はノーウッド・ジャンクション駅(Norwood Junction)、セルハースト駅(Selhurst)になります。

ロンドンの中心部から40~50分ほどでと着致します。

下車後は徒歩10分ほどでスタジアムになります。

バス

 頻繁なバスサービスは、セルハーストパークへのすべての方向から運行しています。詳細については、ロンドン交通局をご覧ください。

引用:クリスタル・パレス公式サイト(グーグル翻訳)

各方面からバスは出ているようですので、不明点は運転手に確認しましょう。

やはり筆者的には、よほどロンドンが慣れている方以外は鉄道を利用されることをおすすめ致します。

鉄道の方が分かりやすいですし、ロンドン中心部からですと確実に早く着きます。

まとめ

古き良きイングランドのスタジアム「セルハースト・パーク」はいかがでしたか?

クリスタル・パレスが長きに渡り共にする、ロンドンサッカーの生き字引のようなスタジアムは、サッカーファンなら行ってみたくなる方は少なくないでしょう。

メガスタジアムには無い魅力が詰まった、クリスタル・パレスの本拠地セルハースト・パークでした。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。