ロンドン

スタンフォードブリッジはチェルシーが誇る歴史と伝統のスタジアム

ロンドンに本拠地を置く「チェルシーFC」のホームスタジアム「スタンフォードブリッジ

ブルーズの愛称の通りチェルシーのチームカラーは青、スタジアム内も青が基調になります。

イングランド屈指の強豪かつ、日本にも沢山のファンを抱えるチェルシーですので、スタンフォードブリッジの名を聞いたことのある方は多いかと思います。

伝統的なイングランドスタイルながらもモダンな雰囲気のスタジアム、スタンフォードブリッジの紹介です。

スタジアムデータ

スタンフォードブリッジ

現地語表記…Stamford Bridge

場所…イングランド、ロンドン

使用チーム…チェルシーFC

開場…1887年

ピッチ…ハイブリッド芝・陸上トラック無し

スタジアムツアー…有り

収容人数…41798人

注目の対戦カード…対アーセナルFC

観やすさ・・・★★★★★

どこからでも観やすいような設計は流石サッカーの母国イングランドの老舗スタジアムです。


雰囲気・・・★★★★★

ピッチにせり出すかのごとく配置された座席と、熱いチェルシーサポーターが織りなす雰囲気は素晴らしいです。


アクセス・・・★★★★★

ロンドンの中心から地下鉄でアクセス可能。最寄り駅から徒歩で5分ほどでスタジアムなので迷う心配もないです。


治安・・・★★★★☆

スタンフォードブリッジはロンドンの高級住宅街に位置していますので、治安は良好です。


観光・・・★★★★★

ロンドンは世界屈指のメガシティです。観光に事欠くことはございません。

スタンフォードブリッジはクラッシックとモダンが融合のスタジアム

スタンフォードブリッジは、1887年に開場の非常に歴史あるスタジアムです。

長い歴史の中で改修、改善を経て、現在の豪華かつクラブの伝統と色を表現するチェルシーのホームスタジアムとなっております。

イングランドのスタジアムらしい長方形に型どられたスタンドに、ピッチまで異常なくらい近い座席配置は、サッカーの母国を代表するに相応しいかと思います。

チェルシーはロンドンと言うメガシティをホームにしているにもかかわらず、対戦カード問わず空席がほとんど目立ちません

それだけファンに愛されている証ですので、盛り上がりはTV越しでも察するに余りあります。

またスタジアムの外壁の一部には、改修前の物をそのまま保存している部分があるのはファンの間では有名な話です。

この様なエピソードは、チェルシーが伝統を重んじるクラブだと感じさせてくれます。

スタンフォードブリッジは、チェルシーと言うクラブと共に築いてきた歴史と伝統を継承するスタジアムと言えるでしょう。

チェルシー最大のライバルとのビッグロンドンダービーは世界が注目

スタンフォードブリッジで最も注目の対戦カードは、対アーセナル戦になります。

通称「ビッグロンドンダービー」と言われるダービーマッチは、イングランドだけでなく世界的に注目の一戦です。

同じロンドンをホームにするチェルシーとアーセナルは、最初の対戦は1907年にまで遡る非常に長年のライバル関係にあります。

どちらも世界的なビッグクラブですので、日本のファンも楽しみにしている方が多い一戦でもあります。

チェルシーもアーセナルも毎年のように優勝争い、もしくはチャンピオンズリーグ出場権争いに食い込みますので、シーズン終盤にこのダービーが組まれていたら非常に盛り上がります。

ビッグロンドンダービーは、歴史的に見てもほぼ互角の戦績です。

今後どちらのチームが優位に立つか、私自身も毎年楽しみにしております。

チケット・スタジアムツアーについて

スタンフォードブリッジでの試合のチケットについては、基本空席はあまり残らないです。

当日券をお求めの場合は、試合当日にスタジアムまで行けば購入可能ですが、事前に予約するほうが無難でございます。

もし前売り券を買われる場合はチェルシーのオフィシャルサイトからの購入になります。

次にスタジアムツアーについてです。

スタンフォードブリッジも、他の多くのスタジアムと同様スタジアムツアーを行っています。

料金はスタジアムツアーとミュージアムへの入場が込で19ポンド(15歳以下は13ポンド、5歳以下は無料)、ミュージアムのみの入場ですと11ポンド(15歳以下は9ポンド、5歳以下は無料)になります。

おすすめは間違いなくスタジアムツアー込のチケットです。

レジェンドツアーは必見

スタンフォードブリッジのスタジアムツアーには、レジェンドツアーと言うものがございます。

チェルシーのOBがガイドをしてくれ、現役時代の話を織り交ぜながらスタジアムを周れます。また写真やサインなども応じてくれるようです。なお料金は80ポンドになります。

スタジアムツアーのチケットも、スタジアムでもオフィシャルサイトでもどちらでも購入可能でございます。

スタンフォードブリッジまでの行き方

スタンフォードブリッジまでの行き方については、地下鉄、バス、リバーボートの3通りになります。以下順番にまとめております。

地下鉄

ディストリクトラインのフラムブロードウェイ駅で下車になります。

下車後は徒歩5分ほどでスタンフォードブリッジ到着です。

バス

スタンフォードブリッジ隣接のフラム通りには2つのバス停がございます。

14番、211番、414番のバスに乗れば、スタジアムまで行ってくれます。

リバーボート

リバーボートは月曜日~金曜日まで運行しております。スタンフォードブリッジに最寄りの桟橋は、チェルシーハーバーになります。

私的には地下鉄がおすすめになります。

バスはロンドンに慣れている方でないと難易度が高いですし、ボートも利便性に欠けます。

地下鉄でしたらロンドン中を網羅してますし、駅名の確認や乗り継ぎも楽です。

まとめ

チェルシーのホームスタジアム「スタンフォードブリッジ」はいかがでしたか?

チェルシーの伝統と歴史を尊重しながらも、モダンで素晴らしいスタジアムです。

創立100年を超えるチェルシーならではの味を表現しているスタンフォードブリッジは、世界のスタジアムのお手本とも言えるでしょう。

日本のクラブのスタジアムも、今後スタンフォードブリッジの様な格のスタジアムが生まれることを期待したいですね。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。