サッカー スペイン

サラゴサのサッカースタジアムは香川も躍動のスペインらしい魅力ある場所

スペインのサラゴサに本拠地を置く「レアル・サラゴサ」

2020年現在は、元日本代表の香川真司在籍したクラブとして日本でもよく取り上げられました。

2000年台後半には、当時アルゼンチン代表だったアイマールやダレッサンドロらのスター選手を擁し、上位クラブに対抗していたのが記憶に新しい方もいらっしゃるかもしれません。

ですがそんなサラゴサのホームスタジアム「ラ・ロマレダ」を詳しく知っている方は、そこまで多くないでしょう。

都会のクラブにはない魅力が詰まったスタジアムです。

 

この投稿をInstagramで見る

Real Zaragoza(@realzaragoza)がシェアした投稿

スタジアムデータ

ラ・ロマレダ

現地語表記…Estadio de La Romareda

場所…スペイン、アラゴン州、サラゴサ

使用チーム…レアル・サラゴサ

開場…1957年

ピッチ…天然芝・陸上トラック…無し

スタジアムツアー…無し

収容人数…34496人

注目の対戦カード…対CAオサスナ

観やすさ・・・★★★★★

こじんまりしたスタジアムですが、その分座席からピッチが近いです。


雰囲気・・・★★★★☆

スペインらしい雑多な雰囲気がありますが、少し空席が目立つ試合が多いです。


アクセス・・・★★★★☆

サラゴサ中心部からトラム、バスでアクセス可能です。


治安・・・★★★☆☆

サラゴサはスペインの地方都市の中ではスリが多いです。夜間の試合の際は注意が必要です。


観光・・・★★★★☆

サラゴサ市内は世界遺産もあり、観光地としても人気です。

ラ・ロマレダはスペインの地方クラブの魅力が詰まったスタジアム

 

この投稿をInstagramで見る

Real Zaragoza(@realzaragoza)がシェアした投稿

スペインはサッカーのレベルはもちろんながら、スタジアムのレベルも非常に高いです。地方クラブでも5万人規模のスタジアムがあるのは珍しくありません。

ちなみに日本ですと旧国立競技場や、東京ドーム等が5万人規模のスタジアムになります。

しかし地方都市のここサラゴサは、3万人規模の「ラ・ロマレダ」を本拠地としております。

小規模スタジアムだからこそ出せる雰囲気と一体感は、地方クラブならではの魅力です。

またどこの座席からでもピッチが近く感じるのもGOODですね。アットホームな雰囲気を持ちながらも、熱気も伝わりやすいスタジアムです。

サラゴサと言えば香川真司

2020年までレアル・サラゴサには元日本代表の香川真司が所属しておりました。

スペインでは日本人が活躍するのは難しいと言われている中での移籍になりましたが、見事レギュラーを勝ち取りサポーターの支持を得ています。

世界でも屈指のレベルの高さを誇るスペインリーグで、持ち味を存分に発揮し、指揮官の信頼を勝ち取ったのはさすがです。

ベテランの域に差し掛かってはおりますが、まだまだ世界を驚かせてほしいです。

チケット・スタジアムツアーについて

まずチケットについてです。

ラ・ロマレダでの試合は、対レアル・マドリードやバルセロナ戦等のビッグマッチや開幕戦以外は基本的に当日券が余る可能性が高いです。ちなみにサラゴサで観れるダービーマッチは対オサスナと対ウエスカになります。

当日券をお求めの場合は、試合当日にスタジアムまで行けば購入可能です。

前売り券を買われる場合はサラゴサのオフィシャルサイトからの購入になります。ビッグマッチ以外ですと、一番高い座席でも50ユーロ前後の安さになります。

マドリードやバルセロナでこの価格はありえないです。

残念ながらスタジアムツアーは行っておりませんが、スタジアムにサラゴサのオフィシャルショップが併設されております。

スタジアムまでの行き方

行き方については、トラムかバスになります。

スタジアムはサラゴサ中心部からほど近くにありますので、どちらでもそこまで時間はかからずに到着いたします。

トラム

トラムの場合はRomareda(ロマレダ)駅で下車になり、駅の目の前がスタジアムになります。

ちなみにサラゴサのトラムの路線は1路線のみですので、方向さえ間違わなければ大丈夫です。

バス

路線バスの410番もしくは411番で行けます。

Intercambiador Carlos V(インテルカンビアドールカルロスV)もしくはもしくはManuel Lasala(マヌエルラサラ)で下車後、徒歩5~10分ほどでスタジアムです。

私的にはトラムがおすすめです。

日本でも同じと思いますが、バスは慣れていないと少々難易度が高いですので、トラムのほうが行きやすいかなと思います。

所要時間に関してはどちらも大差はございません。またスペインの地方都市のタクシーは安いですので、選択肢に入れてもいいでしょう。

まとめ

サラゴサのスタジアム「ラ・ロマレダ」は香川真司の移籍により日本でも有名になりましたが、ご存知だった方はいらっしゃいましたか?

サラゴサはマドリードからもバルセロナからもアクセス可能ですので、ご興味ある方はいつか行かれてみてください。都会のクラブでは味わえない雰囲気がございます。

ビッグクラブももちろん魅力的ですが、地方クラブのサッカーも面白いですよ!

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。