サッカー スペイン

ビセンテ・カルデロンはアトレティコファンの心に残り続けるスタジアム

アトレティコ・マドリードの旧本拠地でありますビセンテ・カルデロンは、現在すでに解体されております。

しかしアトレティコファンの間では、永久的に色褪せることはない素晴らしいスタジアムであったことは間違いないでしょう。

この度ビセンテ・カルデロンを紹介させていただきますが、もう訪れることができないのが非常に残念でなりません。

スタジアムデータ

ビセンテ・カルデロン

現地語表記…Estadio Vicente Calderon

場所…スペイン、マドリード州、マドリード

使用チーム…アトレティコ・マドリード

開場…1966年10月2日・閉場…2017年

ピッチ…天然芝・陸上トラック…無し

スタジアムツアー…有り

収容人数…54907人

注目の対戦カード…対レアルマドリード

なおUEFAが選定する5つ星を獲得しているスタジアムでした。

観やすさ・・・★★★★★

座席の傾斜、ピッチまでの距離ともに世界最高クラスの観やすさです。


雰囲気・・・★★★★★

文句なしで最高でした。


アクセス・・・★★★★☆

街の中心から地下鉄で数十分圏内とアクセスは良好でした。


治安・・・★★★☆☆

昔ほどではありませんが、夜のマドリードは決して治安が良いとは言えませんので注意が必要です。


観光・・・★★★☆☆

マドリードは他のスペインの都市に比べ観光資源が少なめです。

ビセンテ・カルデロンは古き良きスペインのスタジアム

ビセンテ・カルデロンは決して綺麗なわけでもないし、収容人数約6万人と決して大きくもありませんでしたが、選手とファンの距離も非常に近く、古き良きスペインの面影が残った味のあるスタジアムでした。

サッカー大国スペインを代表するチームの本拠地として、長きに渡り活躍した歴史は皆忘れることはないでしょう。

要塞ビセンテ・カルデロン

要塞とも称されたここビセンテ・カルデロンは、スペイン国内でも熱狂的で知られるサポーターがぐるりとピッチを囲み味方選手を鼓舞し、相手チームへはプレッシャーを与え続けてまいりました。

ピッチの目の前まで客席が用意され、そして傾斜の強い客席に陣取る熱狂的なサポーターは、ピッチレベルで見るとまるで要塞の様なプレッシャーだったことでしょう。

特に同じ街のライバルクラブのレアルマドリード戦の熱気は凄まじかったようです。

この俗に言う「マドリードダービー」は、今も昔もスペインリーグ屈指のビッグマッチです。

またスタンドの座席もチームカラーの赤と白で彩られ、観客が少ない試合開始前後にはその光景を楽しむことができました。

スタンドの下を高速道路が通っているという面白い一面も、マドリードのサッカーファンの間では有名な話です。

惜しまれながら閉場

しかしこのビセンテ・カルデロンですが、老朽化により2017年に閉場してしまい、現在は新しい本拠地「ワンダメトロポリターノ」へと生まれ変わっております。

多くのアトレティコファンが別れを惜しんだビセンテ・カルデロンは、ファンの心の中で永久的に生き続け、色褪せることはないでしょう。

私もこのスタジアムで試合を観れたことはサッカーファンとして財産になりました。

なお後にJリーグでプレーすることになるビジャやイニエスタも躍動したこの試合は1−1の引き分けでした。(2013年夏アトレティコ・マドリード対FCバルセロナ)

スタジアムツアーについて

現在すでに解体されたスタジアムですので、当然見ることも行くこともできませんが、新本拠地のワンダメトロポリターノでしたらスタジアムツアーは行っております。

またクラブのミュージアムやオフィシャルショップもビセンテ・カルデロン内にございましたが、こちらもワンダメトロポリターノ内に移転済ございます。

スタジアム自体は新しくなりましたが、アトレティコ・マドリードというクラブの歴史や功績が失われたわけではございません。現在も新スタジアムであるワンダメトロポリターノに行けば、その輝かしい歴史や功績を観ることは可能でございますのでご安心を。

アトレティコは現在は新スタジアムで躍動

先程も少し触れましたが、現在アトレティコ・マドリードは新スタジアムであります「ワンダメトロポリターノ」にて試合を行っております。

ビセンテ・カルデロンの様なクラシカルな古き良きスペイン風いうより、モダンでビッグクラブに相応しい巨大なメガスタジアムです。

参考記事ワンダメトロポリターノはアトレティコ・マドリードの新スタジアム!

場所もビセンテ・カルデロンが住宅街にあったのに対し、マドリード・バラハス空港近くの郊外になっております。

ビセンテ・カルデロンも地下鉄でアクセス可能でしたが、ワンダメトロポリターノ同じく地下鉄でアクセス可能でございます。

マドリードが初めての方や観光客でも簡単にアクセス可能ですので、ご興味ある方は是非行かれてみてください。

まとめ

今は無きアトレティコ・マドリードの象徴的スタジアム「ビセンテ・カルデロン」はいかがでしたか?

良くも悪くも現代のスタジアムでは味わえないあの雰囲気を、もう二度と見ることができないのが残念で仕方ないです。私自身ビセンテ・カルデロンで試合を観戦できたことは、今思えば幸運だったと思います。

もちろんスタジアムはサッカーを楽しむ上で非常に重要なピースですので、ワンダメトロポリターノが今後「伝説」と呼ばれることを楽しみにしようと思います。

参考記事スペインのサッカースタジアムを州ごとに厳選

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。