サッカー スペイン

カンプノウはバルセロナのサッカーの聖地であるスタジアム

カンプノウはバルセロナの住宅街にある収容人数約10万人の巨大さを誇ります。

ライバルクラブのレアルマドリードのサンチャゴ・ベルナベウスタジアムがモダンなのに対し、カンプノウは日本の旧国立競技場の様なすり鉢状のクラシカルなスタジアムです。

内部は楕円形のため、長方形のサンチャゴベルナベウと比べると客席からピッチの観やすさは劣りますが、あくまで比べたらの話です。充分すぎる距離の近さ、臨場感です。

スタジアムデータ

カンプ・ノウ

現地語表記…Camp Nou

場所…スペイン、カタルーニャ州、バルセロナ

使用チーム…FCバルセロナ

着工…1954年3月28日・開場…1957年9月24日

ピッチ…ハイブリッド芝・陸上トラック無し

スタジアムツアー…有り

収容人数…99786人

注目の対戦カード…対レアルマドリード

なおUEFAより最高ランクのスタジアムとして認定のカテゴリ4を獲得しております。

観やすさ・・・★★★★★

10万人規模のスタジアムとは思えないほど、どこからでも観やすいです。2階が最も観やすく、チケットの価格も高いです。


雰囲気・・・★★★★★

最高以外の言葉が見つからないほど最高です。試合開始直前に流れるイムノ(バルサの応援歌)はサッカーファンには堪りません。


アクセス・・・★★★★☆

街の中心から地下鉄で乗換なしで行けますので、観光客でも問題ないでしょう。


治安・・・★★★☆☆

夜のバルセロナは決して治安がいいわけではないのでご注意下さい。


観光・・・★★★★★

カンプノウはバルセロナのサッカーの聖地

カンプノウがバルセロナのサッカーの聖地と言われる所以は、スペイン内戦時代にさかのぼります。

バルセロナはスペインという国にありながら、カタルーニャ語という独自の言語を話します。しかし内戦当時は弾圧を受けていたため、公共の場でのカタルーニャ語の使用が禁じられていました。

しかしながら、カタルーニャ語を使用できる数少ない場所の一つがカンプノウだったのです。

そのような複雑な歴史的背景が、カンプノウを聖地と呼ぶ大きな要因になります。

エル・クラシコは絶対に負けられない

バルセロナは当然サッカー大国のスペインですので、盛り上がりや雰囲気、観やすさ等どれをとっても最高のスタジアムです。

しかしここカンプノウならではのポイントは、対マドリードのチームが相手の時の殺伐とした雰囲気かと思います。

内戦時代は敵国であった背景が、やはり今も残っているのでしょう。

バルセロナ対レアルマドリード(俗に言うクラシコ)は世界でも屈指のダービーマッチで、世界中の注目を集めます。

当然レベル、雰囲気共に最高なのは言うまでもありません。サッカーファンなら一度はスタジアムで観戦してほしいと思います。

参考記事エル・クラシコとは?レアルマドリードとバルセロナは永遠のライバル

参考記事エル・クラシコinバルセロナ・カンプノウ観戦記

改修決まるカンプノウ

もちろんマドリード以外のチームとの試合の際も、素晴らしい雰囲気に、世界最高峰のレベルのサッカーを観れるスタジアムであることは断言できます。

ちなみにカンプノウはカタルーニャ語で新しいグラウンドという意味になります。

しかし2020年の段階で改修が決まっておりますので、現在のカンプノウがいつまで観れるか分かりません。

生まれ変わるカンプノウを楽しみに待ちたいと思います。

チケット・スタジアムツアーについて

チケットについては、日本にいる間でもFCバルセロナのオフィシャルサイトから購入可能です。

もしくは、割高にはなりますが代行で購入してくれる会社が複数ございますので、ご不安な方はそれらを利用するのも良いでしょう。

基本的に対レアルマドリード戦や、開幕戦等のビッグマッチ以外は当日券が余っている可能性がかなり高いです。

当日券はスタジアムで直接購入可能でございます。

スタジアムツアーについても同様で、オフィシャルサイトでもスタジアムでも直接購入可能でございます。

スタジアムツアーの入場料(2020年夏の時点)は26ユーロで、スタジアムツアー以外にもミュージアム、オフィシャルショップであるメガストアの入場が含まれています。

カンプノウまでの行き方

カンプノウへの行き方はタクシー以外ですと地下鉄が一番簡単かつ早いです。バルセロナの中心から乗り換え無しで行けてしまいます。

カンプノウの最寄りの駅は地下鉄L3Les Corts(レスコルツ)Maria Cristina(マリアクリスティーナ)Palau Reial(パラウレイアル)になります。

3駅ともバルセロナの中心カタルーニャ広場からL3に乗り、乗り継ぎなしで到着します。駅を降りたらどの駅からも徒歩10分程度でカンプノウに到着です。

サンツ駅やサグラダファミリアの近くから行かれる場合は地下鉄L5に乗り、Colbalanc(コルバラン)もしくはBadal(バダウ)で下車のルートですと乗り継ぎなしで行けます。

下車後はL3の場合と同じく徒歩10分ほどでカンプノウまで行けます。

ちなみに試合観戦の際は切符は行きの段階で、帰りの分も購入されることをおすすめします。試合終了後はごった返しているので、その中で切符を買うのは大変ですしスリの報告も多いため、防犯の意味も含め事前に購入するのが無難です。もちろん間違ってもお尻のポケットに財布や携帯電話を入れての乗車はダメですよ。バルセロナはスリが本当に多いので、地下鉄や人混みでは注意しましょう。

まとめ

これまでに国内外様々なスタジアムに行きましたが、カンプノウはその中でもトップクラスに素晴らしいスタジアムです。

スタジアム以外にも、ホームチームであるFCバルセロナのレベルの高さはもちろん、アクセスのしやすさやミュージアムなどの複合施設なども加味すると世界一ではないかと思います。

またバルセロナは観光地としても世界屈指の街ですので、海外旅行とサッカー、どちらも好きな方にとっては最高の旅行先なのは間違いないでしょう。サッカー観戦のついでに観光するも、観光のついでにサッカー観戦するも、物足りないといったことはないと思います。

バルセロナで本場スペインのサッカーを体感すれば、バルセロナ旅行に最高のアクセントとなるでしょう。

カンプノウで世界最高峰のスタジアムと世界最高峰のサッカーを是非!

参考記事スペインのサッカースタジアムを州ごとに厳選

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。