タンザニア

キリマンジャロ登山はツアーと個人どちらで行くのがお得?

アフリカ最高峰キリマンジャロ登山の申し込みについて、よりお得に行ける方法を伝授致します。

是非参考にされて下さい。

キリマンジャロ登山はパッケージツアーと個人で行く場合内容は違うのか?

キリマンジャロ

アフリカ大陸最高峰(5895m)のキリマンジャロ登山にチャレンジするには大きく分けて2パターンあります。

旅行会社が主催するパッケージツアーと、自分自身で現地の旅行会社やガイドに申し込む個人手配、私が知る限りこのどちらかになります。

パッケージツアーについて

まずは旅行会社が主催するパッケージツアーについてです。

このパターンはよくチラシや新聞に載っている日帰りバスツアーや、ヨーロッパ周遊ツアーの様な物と同じで、予め内容が決まっているツアーに申し込むものになります。

キリマンジャロ

メリットはやはり日本の旅行会社が間に入ってくれるので安心してキリマンジャロ登山に参加できるという点があります。

また、語学に自身のない方に向けた添乗員付きの物や、日本語のガイドを手配してくれる会社もございます。

その様な細かなアレンジも全て日本語で行える点は、慣れていない方や語学に自身のない方にとっては非常に大きなポイントになるかと思います。

アフリカは遠い

次にデメリットについてはやはりツアー代金が高額な点。これについては旅行会社に全て手配してもらうという点で、ある程度仕方のないことかもしれません。

個人手配について

そしてもう1パターンの個人で現地旅行会社や現地ガイドに申し込みをする方法です。

結論から申し上げますと個人手配の方が大幅に安くなりますので、私はこの方法をおすすめしております。

個人手配のメリットは繰り返しになりますが、費用を大幅に抑えられる点が一番大きいです。

キリマンジャロ

パッケージツアーで行く場合安くても50万円以上かかるの対し、個人で手配した場合は大体20万円台で収まります。

その差は約2倍ですので、これをお得と捉えるかどうかになるでしょう。

また旅行会社が用意しているツアーは内容が決まっているためアレンジが難しい場合や、できても追加で料金がかかってしまう場合が多いですが、個人で手配する際はツアーの日程やコースなどの細かい内容を決めた上で料金が決まるのでその点は個人手配に軍配でしょう。

サバンナモンキー

内容が元々決まっているのと、1から自分でアレンジできて尚且安いのでしたら多くの方は後者の方が魅力的に映るのではないでしょうか?

しかしもちろんデメリットも存在します。

さらっと触れましたが、現地の旅行会社と直接のやり取りになりますので、英語が必須になります。

ちなみにキリマンジャロのあるタンザニアや隣国ケニア等の東アフリカ主要国はスワヒリ語が公用語ですが、英語は問題なく通じます。

ですのでどうしても語学に自身のない方や、現地の会社や人と直接のやり取りに自身のない方には少々難易度が高いかもしれません。

キリマンジャロ登山は個人で行ってもツアーになる?

タイトルだけ見ると、は?となるかと思いますのでしっかり説明させて頂きます。

前項でパッケージツアーと個人で手配する2つの方法を書かせて頂きましたが、どちらも最終的には現地旅行会社による「キリマンジャロ登山ツアー」のような形式で登山がスタートします。

要するに日本の旅行会社のパッケージツアーは、現地旅行会社へツアーを委託しているような形になるのです。

ですのでどちらの方法で申し込もうが、登山自体はツアーになります。

キリマンジャロ

じゃあ1人で登ったほうが安いじゃんって思う方もいらっしゃると思いますが、キリマンジャロの決まりで、キリマンジャロへの入山許可証も持った者が同行しないと入山できないシステムになってます。

ですので必ずどこかしらの会社に申し込むか、ガイドを雇うかしなければなりません。

以上のような理由から、パッケージツアーに申し込もうが個人で手配しようが、最終的にはツアーにてキリマンジャロ登山にチャレンジする形になります。

キリマンジャロ登山の申し込み方法について

ケニア航空

まずはパッケージツアーの申込み方法についてです。

こちらは説明するまでもないかもしれませんが、通常の旅行と同じく、旅行会社の窓口やネットの旅行代理店などから申し込みをする形になります。

旅行初心者や、パソコンが苦手な方も窓口にて旅行会社のスタッフが手配してくれるので簡単です。

次に個人で手配するパターンです。

この場合は直接現地の旅行会社とのやり取りになります。具体的な方法としてはEメール、旅行会社のホームページやSNSなどになります。

私はEメールのやり取りにて申込みから予約完了まで行いました。

前項でも触れましたが、やり取りは全て英語になりますので、難易度は少し上がるかと思います。

またある程度現地の情報や、ツアーの相場等を頭に入れて置かなければ本当に良いツアーなのか、金額は妥当なのか等の判断が難しくなりますので事前のリサーチも必要になります。

氷河

もちろんそこまで固っ苦しく考えなくても、簡単に頭に入れておく程度で大丈夫です。

申込みが完了した後も分からないことや、気になることが出たらその都度メールで質問していましたが、丁寧に返答してもらい、出発の日には万全な状態でした。

ちなみに支払い方法は私の場合は現地に到着後現金で支払いました。

クレジットカードでも支払える会社がほとんどですが、メールでの交渉でディスカウントしてもらっていたので現金で1000ドル(内訳→キリマンジャロ登山・前後1泊の宿泊・その間の食事・空港送迎)でした。

キリマンジャロ

この他に日本からの往復航空券が約10万円、ビザが5000円でした。

個人で手配した場合皆さん大体このくらいの金額のようでしたね。

KLMオランダ航空
帰路にて利用のKLMオランダ航空のボーイング747。航空券も自由が効くのは個人手配の大きなメリットです。

私の利用した旅行会社は「ビッグタイムサファリ」という会社です。

ケニアの首都ナイロビにオフィスがあります。

https://bigtimesafaris.co.ke

もちろん「ビッグタイムサファリ」以外にも沢山の旅行会社が現地にありますが、キリマンジャロ登山ツアーを扱ってない旅行会社は今の所見たことありませんので、もし目ぼしい旅行会社を見つけたら気軽に問い合わせてみましょう!

まとめ

以上が私がキリマンジャロ登山の際にお金の部分をリサーチした内容になります。何でもそうですが、内容や物が同じなら安いほうがいいですよね。

キリマンジャロ

日本の旅行会社の相場では高すぎたため自分で現地旅行会社に問い合わせたところ、半額以下で行ける事がわかり、その旅行会社で申し込みました。日本の会社はボリすぎです笑 

自分で手配するって聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、ただの文章のやり取りですのであまり気負わなくていいと思いますよ。もちろん不安なようであれば断ればいいだけですので。

最後にツアー、個人どちらにも言えることですが、登山中はもちろん現地滞在中の会話は全て英語になりますので、少しでも英語が話せたほうがより楽しい登山になることは間違いないです。

キリマンジャロでなくとも、5000m級の山の中ではスマホやパソコンは使えないので翻訳してくれるツールには頼れません笑

 

キリマンジャロ

キリマンジャロ登山に挑戦したい方は出発までに少しでも勉強して行かれることをおすすめします。

参考記事キリマンジャロ登山の難易度は低いって本当か?

もし質問等あれば遠慮なくしてくださいね。

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事