イタリア ヨーロッパ旅行

ローマの休日の舞台イタリア・ローマのおすすめ観光スポットを厳選!

世界一の世界遺産の数を誇るイタリアの首都であるローマは広く、そのうえで観光スポットも各地に点在しています。

通常の観光ですとなかなか日数に余裕もないと思いますので、おすすめの観光スポットを効率的に観れるという観点で紹介致します。

広いローマで私がおすすめするポイントはアクセスがしやすいかどうか

この記事では大きく分けて「コロッセオ」周辺と「バチカン市国」周辺の2つを紹介致します。

コロッセオ周辺

まずコロッセオに関しては言わずと知れたイタリアを代表する世界遺産ですよね。

もちろんこれだけでも充分凄いのですが、コロッセオ周辺には観光スポットが徒歩圏内にいくつもありますのでおすすめなんです。

観光客におなじみの「トレヴィの泉」、「スペイン広場」「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂」等がセットで楽しめます。

古代ローマ時代の街の中心「フォロ・ロマーノ」に至っては、コロッセオのすぐ目の前です。

これだけ知名度のある観光地を徒歩で行けてしまうのは、観光客にとっては非常にありがたいことです。無駄に地下鉄やタクシーを使わないで済みますので、浮いたお金で美味しいジェラートでも食べましょう。

バチカン市国周辺

バチカン市国は世界最小の国ということや、ローマ法王が住んでいること等で皆さんご存知かと思います。

もちろんそれだけではなく、ローマの中でも屈指の観光観光スポットです。

ローマ・カトリックの総本山であるバチカン市国は貴重なイタリアの書物などが貯蔵されるバチカン美術館等、小さい国ながらも見どころは沢山ございます。

メインの広場も大変美しいです。なおイタリアから国境をまたぎはしますが、パスポートは必要ございませんのでご安心を。

そしてここバチカン市国からも徒歩で行ける観光スポットがございます。2000年近くも前に建てられました古城「サンタンジェロ城」です。

このサンタンジェロ城も大変美しく、ローマを訪れたら是非足をのばしてほしい場所です。

名作「ローマの休日」を観てからの観光は100倍楽しい?

オードリー・ヘップバーン主演の不朽の名作「ローマの休日」は、観たことがない人でも名前ぐらいは聞いたことあるかと思います。

ローマの休日というタイトル通り、舞台はここローマですし、撮影自体も実際にローマで行われています。

この記事ではローマの休日の宣伝をしたいわけではないので細かい部分は説明致しませんが、素晴らし作品ですので、ローマに行かずとも一度観られることをおすすめします。

特に恋愛に興味のない私でも感動するぐらい素晴らしい名作です。私はローマの休日を観てから実際にローマに行ったため、プチロケ地巡りのような形で観光ができ素晴らしい思い出ができました。

もちろんローマの休日関係なく、ローマ観光はしっかり楽しめますのでご安心下さい。あくまで楽しみ方の一つとしておすすめさせて頂いている次第でございます。

では以下有名どころをざっと紹介致しますね。

・共和国広場

アン王女が宿を抜け出し、トラックの荷台から降りた場所がここ共和国広場です。

地下鉄のRepubblica(レプブリカ)駅を出てすぐの場所にある広場で、ローマの陸の玄関テルミニ駅からも歩いて5分くらいです。

・フォロ・ロマーノ

アン王女とジョーが最初に出会った場所です。

アン王女はこのフォロ・ロマーノをバックに眠ろうとていたところ、通りかかったジョーが起こして一緒にタクシーに乗り、物語の始まりです。

・コロッセオ

フォロ・ロマーノでタクシーに乗ると、家はどこかとジョーから聞かれたアン王女は「コロッセオ」と答えタクシー運転手を困らせます。

そしてジョーの家に上がり寝てしまいます。ストーリーが進むと、アン王女は再びコロッセオを訪れることになります。

 

参考記事ローマの観光でコロッセオとフォロ・ロマーノはセットで楽しむべし!

・スペイン広場

ジェラートを食べるアン王女とジョーが再会するシーンは、ローマの休日を観たことがない方も一度は目にしたことがある名シーンかと思います。

私もここでジェラートを食べたかったですが、現在は飲食禁止になっています…

・トレヴィの泉

トレビの泉のすぐそばにある美容院でアン王女は髪を切ります。

背中越しにコインを3枚泉に投げ入れば、再びローマを訪れることができるという素敵な言い伝えもございます。

・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

通称「ヴィトリアーノ」と呼ばれるこの場所は、スクーターで暴走するアン王女が警察に捕まったシーンの目の前です。

・サンタンジェロ城

アン王女はサンタンジェロ城の麓でパーティーに参加します。アン王女を捕まえに来た追手と戦ったシーンは爽快です。

 

参考記事ローマを観光の際はバチカン市国に入国しよう!

 

ここまで紹介致しました場所はローマの中心部にありますので、アクセス自体も悪くありません。せっかくイタリアまで行くのであれば、メジャーな観光地に行きたいと思うし、効率的に観光できたらなおよしですよね。少しでも参考になれば幸いです。

イタリアの首都である永遠の都ローマは見どころが多すぎて1度の観光では全く足りない

すべての道はローマに通ず」とも呼ばれていた永遠の都イタリア・ローマは私が訪れた国、街の中で1番インパクトのある観光地でした。

ローマは大都市にもかかわらず、街中に遺跡や世界遺産が点在する世界有数の観光都市です。

街中のみならず、地下にも遺跡がある街は多くありません。遺跡が多すぎて地下鉄があまり通せず、大都市にも関わらず3路線しかないところはローマらしいです。

イタリアの中でも少々不便なローマですが、それでも余りある魅力がある街です。通常の1周間程度の観光でしたら持て余すことなどまずないでしょう。

ローマの観光地を制覇するのでしたら2週間は取っておかれたほうがいいです。ローマは広く交通の便も他の都市に比べて決していいとは言えないというのと、遺跡によってはかなり時間を擁する場所があるためです。

そのためイタリア国内の他の街にもおすすめしたい観光地は沢山ありますが、もしローマに行かれるのでしたらローマをじっくり観光されることをおすすめ致します。

広いローマを観光するからこそ効率的に時間を有効活用して楽しんで頂けるといいなと思い、ざっくりとではありますが、おすすめの場所を紹介させて頂きました。

まとめ

「ローマの休日」の舞台となったイタリア・ローマですが、本当に絵になるスポットばかりです。

老若男女全ての世代の人におすすめできる素晴らしい街ですので、是非訪れてほしいものです。観光には事欠かないことはもちろん、美味しいイタリア料理やワインにコーヒーも見逃せません。

物価も他のヨーロッパの都市と比べても安いのも魅力的です。ただイタリア全土に言えますが、人混みはスリが多いのでそれだけは注意して下さい。それ以外は本当に素敵な街ですので、是非ローマの休日ゆかりの街を満喫して下さい。

Buon  Viaggio!(良い旅を)

 

参考記事ミラノ観光!ドゥオーモを中心に外せないスポットを紹介!

参考記事水の都ヴェネツィアとは?徒歩で周れる観光スポットも紹介

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事