ケニア

ケニアのおすすめの観光スポットを紹介~アンボセリ国立公園編~

 

アンボセリ国立公園とは、アフリカ大陸の東部に位置するケニア南部にあり、野生動物がたくさん生息しています。

日本で公園と言うと遊具が置いてある遊び場の様な場所を指しますが、アフリカにある国立公園は環境や野生動物を保護する目的で、国から定められているとてつもなく広い場所になります。

そんなアンボセリ国立公園がケニア観光でおすすめの理由を解説致します!

ケニア観光の醍醐味サファリで人気のアンボセリ国立公園とは?

アンボセリ国立公園はタンザニアとの国境近くに位置し、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ(5895m)がアンボセリ国立公園から眺めるのが一番美しいと言われています。(実際に息を呑む美しさです)

キリマンジャロを観たい方には絶対におすすめの場所ですのでご参考までに。

ゾウの楽園

アンボセリ国立公園は「ゾウの楽園」とも呼ばれており、アフリカゾウの個体数が非常に多いことでも有名です。

キリマンジャロをバックにゾウの姿を写真に収めるのが観光客の定番でして、私自身も上手いこと写真に収めることができ、ケニアまで行った甲斐があったなと思います。

もちろんアフリカゾウのみならず、ライオンやシマウマ等、他にもたくさんの種類の野生動物達を見ることができ、ケニアを訪れる多くの観光客ががここアンボセリ国立公園でサファリを楽しみます!

ちなみに1936年に発表された、アーネスト・ヘミングウェイの小説「キリマンジャロの雪」を執筆した場所としても広く知られています。

マサイ族が住んでいる

国立公園周辺~タンザニアとの国境周辺は日本でも有名なマサイ族の人々が多く住むエリアでもあり、民族衣装を纏ったマサイ族の人が牛等を放牧しているシーンも現地では日常の風景です。

同じ民族、部族なのに都市部ではサラリーマンをしているマサイ族の方もいれば、昔ながらの生活を今でも続けている方が居たりと、やはり日本からは遠い国なんだなと実感させられます。

もちろんアンボセリ国立公園周辺含め、ケニア、タンザニアを含むアフリカ全土には他にもたくさんの民族、部族があり、近代的な生活をしている方もいれば、昔ながらの生活を先祖代々続けている方と様々です。

ケニアでもトップクラスの絶景を観れるアンボセリ国立公園

広いケニアには沢山のおすすめのビューポイントがございますが、ここアンボセリ国立公園はその中でも絶景が楽しめる場所として有名です。

先程も触れましたが、アンボセリ国立公園から眺めるキリマンジャロが最も美しいと言われております。(もちろんどこから見ても綺麗ですよ!)

確かに私もたくさんの場所からキリマンジャロを見ましたが、アンボセリ国立公園から見るキリマンジャロが一番美しく感じました。

雲が掛かっておらず空気の澄んでいる明け方に、山頂に氷河を纏ったキリマンジャロの姿は本当に壮観でした。

そしてくどいようですが、キリマンジャロをバックに歩くゾウのファミリーはアンボセリ国立公園を代表する風景で、沢山の観光客がこの風景を楽しみに訪れるおすすめスポットになります。

景色重視の方は乾季に行くのがおすすめ

6~8月12-2月の初めが乾季になりますので、この時期が綺麗にキリマンジャロが顔を出す確率が高いです。

雨季はどうしても雲が出やすいですので、景色目当ての場合あまりおすすめできません。

景色を楽しみたい方は夏の観光シーズンが1番おすすめの時期になりますので、是非その時期の渡航を計画されて下さい。

参考記事ケニアは危険は嘘?観光は年中ベストシーズン!

絶景ポイントは車から降りて楽しめる

他にも観光客に人気の絶景ポイントはございます。基本的にアンボセリ国立公園内では車の外に出ることはできませんが、オブザベーションヒルと言う丘のみ外に出ることができます。

この丘からの眺めもアフリカらしい桁違いのスケールで、最高の景色が味わえますのでおすすめです。

私はここでお昼休憩を挟んだのですが、過去1番美味しいお弁当が食べられたと思います。

オブザベーションヒルはアンボセリ国立公園では言わずもがなの観光スポットですので基本的に連れ行ってくれるそうですが、心配な方はドライバーに念を押して言ってみられて下さい。

もちろんキリマンジャロとゾウだけでなく、他にも沢山の動物たちを見ることができますのでご安心を。

ケニアでも人気上位の観光スポットなだけありますので、規模やスケールはもちろん、ロケーションも文句無しです。

他にも沢山の国立公園がケニアにはございますが、ここアンボセリ国立公園はケニアを観光する上で本当におすすめです。

ケニアで最もゾウのファミリーに出会えるのもおすすめの理由です

アンボセリ国立公園の目玉と言えばなんと言ってもゾウの楽園と言われるぐらい沢山のゾウを見ることができまして、ケニアで最も赤ちゃんゾウを連れたファミリーを見ることができるのもおすすめな理由になります。

アフリカ大陸にはたくさんの国立公園や動物保護区があり、その殆どにアフリカゾウは生息しています。

しかし象牙目的の密猟や環境破壊などにより個体数は激減しており、現在は絶滅危惧種に指定されている動物ですので、場所によっては残念なことになかなか出会うことができません。

ただケニア政府も密猟対策や個体数回復に力を入れており、近年個体数は徐々に回復傾向にあるそうです。

そんなアフリカゾウですが、アンボセリ国立公園では私が滞在した2日間だけでもかなりの回数遭遇したので、アフリカゾウを見たさにケニア旅行を計画している方にはおすすめでございます。

ちなみにアンボセリ国立公園のゾウは赤茶けた色をした個体が多く見られます。アンボセリ特有の赤土を浴びてその様になっているそうです。

またいたるところに水が湧き出ていて、ここではゾウの水浴びシーンも珍しい光景ではございません。

参考記事ケニアでおすすめな外せない観光スポットを紹介!

まとめ

アンボセリ国立公園は、私が訪れた国立公園の中で最も充実した時間を過ごすことができましたのでゴリ押しさせて頂いた次第です。

これからケニアに観光に行かれる方には本当におすすめしたい場所ですので、参考にして頂けたらなと思います。特にキリマンジャロはをケニアから見ようと思いましたら、アンボセリ国立公園からでないとなかなか綺麗には見れませんので、景色重視の方には最もおすすめしたい国立公園になります。

しかしながらケニアへ観光に行かれる方は、大体2~3つの国立公園を巡るのが一般的です。ケニアには他にも沢山の国立公園がございまして、それぞれに特色がございます。そこに関しては各々の日程や予算、何を見たいか等様々な観光ニーズに合わせてお決め頂ければと思います。

アフリカまで観光に行かれる方はまだまだ珍しいと思いますが、素敵な場所が沢山ある魅力ある地域です。日本から遠い場所になりますが、是非一度訪れてほしいなと思います。

ケニアの観光情報についてはこちらもご参考頂ければと思います。

参考記事キリマンジャロ登山の難易度は低いって本当か?

参考記事キリマンジャロ登山はツアーと個人どちらで行くのがお得?

参考記事ケニアを観光する上で最も気になる治安について徹底解説

Have a Good Safari!

サッカーと旅をこよなく愛するブロガーです。
スペイン留学時代には学生の傍ら選手としての経験もございます。
サッカーと旅が人生のテーマです。

関連記事